七五三の写真(東京都八王子市)




遠足の幼稚園児が歓声を上げる公園の木々はまだ青々としている。

 

10月は暖かい日が多いので、紅葉するのは遅くなるだろうか。フォトグラファーとしてはそのほうがありがたい。

 

天気と子どもの機嫌は読めないからあまり期待しないでおこう。

 


 

五歳と三歳兄妹は七五三の着物姿でやってきた。

 

神社ではなく公園だから、気兼ねなく大声出して遊べる。

 

秋の陽射しに輝く緑の葉を背景に家族の写真を撮る。

 

お兄ちゃんを初めて撮ったのは、4年前の一歳の誕生日記念だった。

 

そのとき草の上に座って無邪気に手を叩いて笑っていた子が、羽織を脱いで走り出す。

 

いやそれは困るんだ。捕まえてなんとか着せる。やんちゃというより、まだまだ甘えん坊さんである。

 

妹ちゃんのほうが、たどたどしく草履で歩きながらも嫌がる素振りもない。

 

慣れない撮影はどの子も同じだが、男の子は怖がったりすることが多いように思う。女の子のほうが肝が据わっている。男は愛嬌女は度胸。

 



それにしても今日はいい天気だ。

 

たくさん遊んで男の子は「まだかえりたくない」と言い出す。パパとママはもうお疲れです。