七五三の写真(兵庫県姫路市)



 


 

ゴールデンウィーク明けというのは、だいたい天候が安定して晴れの日が多くなる。

 

暑くもなく寒くもなく、ちょうどいい気候のはずだが今日は暑過ぎた。

 

神社の山門の真下にできる影がありがたい。 

 

そこで家族を待っていると、参道をぽつりぽつりと歩いてくる四人の姿が見えた。

 

二人の子どもは俯き加減に手を引かれている。早くも疲れていそうだ。

 

聞けば着物の着付けが想像を超えてたいへんだったらしい。

 

よく着せて(足袋まで履いて)来られたものだと、パパとママの頑張りに敬意を表したい。 

 

 

 

数え五歳と三歳の兄妹は慣れない着物姿で遊ぶ。

 

遊んでしまえば楽しくなる。楽しくなれば笑顔になる。子どもが笑えばパパとママの苦労も報われるというものである。

 

 

 

美しい新緑に女の子の朱色の被布がよく映える。

 

神社近くの姫路城が見える公園でも写真を撮る。

   

きっと眠くてしかたがなかっただろうけど、彼女は最後までよく歩いた。

 

家族みんなでがんばった七五三であった。