七五三の写真(横浜市西区)


 

 

今にも降り出しそうな雲の下、神社を訪れた七歳の女の子は「おしとやか」という言葉からもっとも離れた場所にいた。

 

ママが子どもの頃に着た着物と、美しく結われた日本髪が彼女のキャラクターに負けている。

 

僕が遊び始めるとすぐに食いついてきて、屈託なく笑いながらマイペースで主導権を奪う。

 

彼女はすでにして姉御肌。パパもママもそういうものだとわかっているのか、あまり口出ししない。

 

きっとクラスでも友達みんなに慕われているのだろうなあ。  

 

 

  

彼女のお祖母様には、あと3、4年で彼女も落ち着きますよと言ってしまったけれど、なんだか心許なくなってきた。 

 

かけっこさせたら、着物の裾をまくって走ってくるインパクトたるや!

 

彼女がこのまま大きくなるのかどうか、ずっと見ていたい。

 

 

撮影終わって別れるとき家族に挨拶していると、彼女はぼそっとつぶやいた。「ありがとござっした!」

 

かわいいかっちょいい。