前撮りの写真(岡山市北区)




 

 

なんで岡山は金沢になれなかったのだろう、と岡山に来るたびに思う。

 

有力大名の城下町であること、街の規模も同じくらいなのに、観光地としてのポテンシャルが岡山は低くて倉敷に劣る。

 

せっかく後楽園というランドマークがあるのに、もったいない。

 

昔の町屋がたくさん残っていればよかったのに。その面影は横丁にわずかにのこるだけである。

 

 

 

後楽園に隣接する料亭で結納の席を終えた二人は、肩の荷を下ろしてほっとしたのか、心なしかリラックスした表情でゆっくり歩く。

 

このご時勢で結婚式の予定はまったく立たないそうだが、夫婦としての一歩を踏み出した。

 

まだ若干の気負いがあるけれども、それは少しずつ心になじんで二人のペースで新しい家庭を作ることだろう。

  

冬枯れの園内は色彩に乏しいが、そのぶん装われた振袖の柄が可愛らしく浮かび上がる。

 


ご結婚おめでとうございます。