七五三の写真(三重県桑名市)



 

2020年10月5日

 


初めましての家族と神社でお会いすると、もうひと家族がいた。

 

ママのお兄さん家族だそうで、三歳の男の子二人が従兄弟同士ということになる。 

それにママのご両親が加わって、総勢10名の賑やかな七五三参りであった。

 

 

 

男の子二人はとても仲良し。

 

一人が積極的に押してくるタイプなのに対して、もう一人はやや慎重派。遊びのリズムにも差が出る。それぞれに個性があって面白い。

 

三歳だから無邪気そのもの。いつまでも遊んでいられる。このくらいの男の子はまだかわいらしいものである。

 

ずり落ちそうになる袴をまくり上げて、一生懸命に階段を上る様子が微笑ましい。

どこの家族もそうなのだが、七五三のパパとママは、子どもが転ばないか着物が汚れないか気が気でない。着付けの時間や祈祷の時間が気になったりして落ち着かない。

 

けれども子どもはそんな親の心配事などまったく気にもしてない。

 

子どもが大切なのは、いつもと同じように落ちているドングリのことだったり、虫のことだったり。

 

だからパパとママには、七五三という行事を子どもと一緒に過ごす時間として、のんびり楽しんでもらいたいなあと思う。 

 

神社に来て祈祷して写真撮るだけの七五三では、とてももったいないから。

 


 

そういえば、ママのご両親も仲が良かった。

 

やや急な坂道を下る二人は自然に腕を組んだ。その姿を撮ると恥ずかしそうに笑う。夫婦善哉。仲良きことはいいことだ。

 




三原由宇出張写真室

​Mihara Yuu Trip Photography

 

​www.miharayuu.com

​広島県尾道市西土堂町12-7​