top of page

子どもと家族の写真(広島県福山市)




お家の玄関のドアを開けると、三歳になった女の子がとことこ出てきて、そこにある自分のモスグリーンのゴム長靴を手に持ち柄の説明をしてくれる。

 

彼女を追いかけてママが出てきて、髪を梳かし始める。

 

なのでそのまま撮影を始める。

 



彼女はままごと用のおもちゃを引っ張り出してくる。料理を作る真似ができるようになっている。

 

これからいろんなものを見聞きして覚えていくのだろう。

 

知恵もついて大人と会話もうまくできるようになる。

 

その代わり、少しずつ薄れてゆく赤ちゃんのような無邪気さ。

 



雨上がりの川の土手でタンポポの綿毛を一生懸命に吹いたり、ちょこまか走り回ったり。

 

いつも見られると思っていても、来年にはもうそんなことしてないかもしれない。

 

ずっとそのままでいてほしいとも思うのは、子どもは日々成長するものだから。


Comentarios


bottom of page