お宮参りの写真(愛知県半田市)




お宮参りで祈祷の受付窓口に出向いたパパが困った顔をして戻ってきた。

 

なんでも祈祷は午後3時で終了であるという。段取りはパパがやっていたようで、彼の母上から「ちゃんと確認しなかったの」などと言われている。

 

近隣の神社に電話するも、そちらも午後3時で終わりだそうだ。

  

みんな苦笑いしながら「今日は写真撮るだけにしようか」ということで、拝殿で柏手を打ってから記念写真を撮ることになった。

 

 

 

三ヶ月の赤ちゃんは眠くてぐずりがち。

 

かわるがわる抱っこして写真を撮るから起こされて泣く。

 

赤ちゃんが泣くと親は落ち着かない。撮影なんか早く終わって帰りたいという雰囲気になってくる。お宮参りの撮影は赤ちゃんのご機嫌しだいである。


 

 

家に帰ってから寝かせてみても赤ちゃんは泣く。

 

眠いのと空腹なのもあるかもしれない。

 

生後一ヶ月だと諦めるところだが、三ヶ月なら少しだけ起きていられるかもしれない。

 

あやしてみるとなんとか落ち着いてくれて、その間に急いで写真を撮る。笑うまでは至らなかったが、もともと眠いのだからしかたがないであろう。 


 

 

最後に部屋の中で親子の写真を撮ろうとしたら、床に置かれていたベビーメリーやジムをママが片付けようとするのを止めて、そのまま写真の中に入れる。

 

一年後、それらはもう部屋の中から消えているかもしれないから。

 

そして赤ちゃんは赤ちゃんでなくなって、ちょとちょこ歩き回る小さな子どもになっている。