子どもと家族の写真(長崎県諫早市)


 

バスを降りて、諫早湾を干拓してできた田んぼの中を歩く。

 

風景がなかなか変わらない。

 

30分ほど歩いてようやく見えてきたその中の一軒の農家の前で、お揃いの白いTシャツを着た家族が子どもたちを遊ばせている。

  

 

 

家族は四姉妹で、すでに三人は結婚して子どもを産んだ。みな諫早を離れて別々の場所に暮らしている。

 

みなが揃うのは久しぶりであるらしい。

 

姉妹のお祖母様は卒寿である。

 

腰は曲がっているが、まだ足腰は丈夫なようだ。長年田畑で働いてきたからであろう。

 

みんなで道にならんで家族写真を撮る。 

 

昨今いろいろ厳しい世の中ではあるけれど、やっぱり集まって写真を撮っておくのは必要なことだと思う。

 

あたり前だけれども、今年の夏は今年しかないわけで。

 

 

  

お祖母様は耳もまだよく聞こえるようで、ずいぶんお達者だ。そしてよく笑う。

 

長生きするには笑顔と運動ですなあ。