入園入学の写真(大阪市阿倍野区)


 

 

夕方の公園にいる人たちはみな、満開の桜に引き寄せられてきたんだろう。花の下でスマホを構えて写真を撮っている。

 

4月から小学生になる女の子は、真新しい制服の上着に「しょうがないなあ」という表情で袖を通す。入学式はまだ先だから。写真を撮るためだけに制服を着るのは、彼女の本意ではない。

 

同じ学校に通うお姉ちゃんも制服のはずだが、恥ずかしいのか頑として制服を着るのを拒んだらしい。

 

二人とも赤ちゃんのときから撮っているのに、気がついたらそんな年頃になっているのだな。

 

幼い頃はずっとカメラに慣れてくれなくて、毎回苦労しながら撮っていたのさえ懐かしい。二人ともすっかり成長した。

 

 


西陽の射す公園の中移動するとき、父娘が手をつないで歩いている。

 

二人ともおしゃべりすることもなく、ただ歩いているだけなのだけど、それが一番家族らしい「自然な」光景だった。

 

本人たちは意識することさえない、なんということのない平凡な瞬間。 

 

それは横を歩いていたフォトグラファーから見たら、幸せそのもののように感じられたのだけど、どうでしょうかね。

 

「虹の足」(作:吉野弘)という有名な詩があるけど、写真を撮るのはそういうものかもしれない。



 

撮影終わって駅まで歩いていたら、道端に咲いてる桜の木の前で赤ちゃんを抱っこした若いママを、パパが一生懸命にスマホで撮っている。その家族もまた虹の足の下にいた。