子どもと家族の写真(岡山県倉敷市)


撮影終わった帰り道、電車の中でネット検索する。[猫 鼻ぺちゃ]

  

飼い始めて2年目だという猫は、エキゾチック・ショートヘアというのだった。人懐こくて初めての僕に擦り寄ってくる。種類的にもともとそういう性質の猫らしい。

 

 


しかし、パパは猫が苦手なようである。

 

ママと女の子たちが「ちゅーる」を舐めさせていると、「今日はせっかくじゃけえやってみるか!」とこわごわと手を差し出していた。見てるだけで楽しい。 

 



何の記念日でもないふだんの日常を写真に残す。 

  

でも「日常」を意識して振る舞ったとたんにそれは不自然になる。自然な様子を「演出」することはできるけれども、それは本当の日常なんだろうか。日常の景色はカメラの存在を忘れた頃に現れる。

  

 

 

ふだんはあまり子どもたちと遊ばないと言っていたパパだったから、1時間の撮影で1ヶ月ぶんくらい遊んだのではなかろうか。

 

親子で遊べるのもあと数年。

 

いつもの日常が日常でなくなる前に、ぜひ写真を。

 

あ、そうだ。結婚10周年おめでとうございます。