子どもと家族の写真(高知県香美市)


 

2020年10月13日


 

撮影終えて時計を見ると、帰りの列車が来るまで30分もない。2km超の道を急ぎ足で歩く。夕陽が田んぼに長い影を作る。

 

 

赤ちゃんを連れて久しぶりに帰省した家族を撮る。

 

10ヶ月の赤ちゃんは予想通り見知らぬ僕に固まっていたが、それほど時間をかけずに笑った顔が撮れたのでよかった。

 

 


ご実家の周りには稲刈りの終わった田んぼが広がる。ママの家のものらしいから入っても大丈夫だ。

 

夕陽を浴びて歩く家族。都会と違って時間がゆっくり流れる。

 

結婚して何年になるのかと問うたら10年だという。「ようやく」と呟いたママの言葉に実感がこもる。子どもを授かった嬉しさ。 

 


実家にはママの旧い友人も集まっており、記念の写真を撮ることになった。彼らの子どもたちの最年長は小学生だ。

 

女の子に抱っこされた赤ちゃんは泣きもせずおとなしい。たくさんの子どもたちの仲間入りをしたように見える。


 

子どもを産み育てるのは、たいへんなことばっかりだけど、無垢で純真な小さな人たちと一緒に過ごせるのは、ちょっとした幸福なのかもしれない。

 

 

それにしても子どもが10人くらい集まると、それはまあ騒々しい。

 

子どもたちの写真を撮るときにバイキンマンになり、やられたふりして倒れたら、彼らはすぐさま馬乗りになってくる。おもちゃにされる前に僕は帰ります。



三原由宇出張写真室

​Mihara Yuu Trip Photography

 

​www.miharayuu.com

​広島県尾道市西土堂町12-7​