子どもと家族の写真(京都市下京区)



 

2020年9月20日


 

五歳の弟くんは、姿の見えない敵と常に戦っているようなであったが、お兄ちゃんは彼をうまくリードしてくれる。

 

家族写真を無事に撮れたのは彼のアシストが大きい。パパとママも、ふだん彼にとても助けられているに違いない。

  

12歳といえば思春期の入口で、写真を撮られるのも嫌がるような年頃なのだが、黒縁のメガネをかけた彼は歳の離れた弟の面倒を見てきたのだろう。優しくて機知に富む性格であった。

 

 

体力が有り余る五歳児は、公園を駆け回り、少しの間もじっとしていない。子どもは遊ぶのが仕事だ。僕は彼のよくわからない探検ごっこに付き合いながら写真を撮る。

 

彼も大きくなると、落ち着いていくんだろうか、お兄ちゃんみたいに……いや、なんか、そうならないような気がするな……。





三原由宇出張写真室

​Mihara Yuu Trip Photography

 

​www.miharayuu.com

​広島県尾道市西土堂町12-7​