top of page

結婚式に思うこと




 

僕はミチコさん(妻です)と結婚式をしていない。

 

結婚当初は僕と僕の親とがうまくいってなくて、結婚もはっきり言って反対されていたから、結婚式をする雰囲気でもなかったし、お互いに結婚式をしたいと思う性格ではなかったので、市役所に届けを出し行っただけだった。

それでも十分僕は満足だった。

 

そもそも、なぜ結婚式をするのだろう。

両親に感謝の気持ちを伝えたいから。

おじいちゃん、おばあちゃんに花嫁(花婿)姿を見せたいから。

今までお世話になった人に祝ってもらいたいから。

友人達と楽しい時間を過ごしたいから。

人それぞれにいろんな理由があるだろう。

  

でも、僕には正直ぴんと来ない。

それならば、わざわざ結婚式をしなくてもできることなんじゃないか。

 

結婚式でなくてはできないことはなんだろう。

 

きっとそれは、「神さまの前で永遠の愛を誓う」というあの儀式だ。

  

チャペル(教会)、神社、お寺、宗教や場所は何でもいい。

自然のような大きな存在(面倒くさいので「神さま」と呼びます)に、二人が一緒になるという許可を得るためではないか。

誓いの言葉や、指輪の交換といった儀式は形式的なものに過ぎない。

形式は時代とともに変わるだろうけど、神さまに二人が向き合い、頭を垂れるという構図は今も昔も、洋の東西を問わず変わらない。

 

結婚式をするならば、


「私、この人と結婚します!」というストレートな気持ちを、目の前の十字架や、神棚や、仏像にぶつけてほしいと思う。

宗教の話ではない。人の心にけじめをつけるのは、自分の良心以外にありえないと思うから。

  

かくいう自分はどうだったか。

入籍した夏、僕はミチコさんと一緒に祖父の墓参りをした。

それが僕にとっての結婚式だった、と思っている。

 

Comentarios


bottom of page