夫婦の写真(兵庫県加東市)



兵庫県加東市、と聞いて場所がすぐにわかる人はどれだけいるだろうか。僕はわかりませんでした。

 

Googleマップを開いて場所を確認し、路線バスが日曜日は運休なので、津山行きの高速バスを途中で降りて3kmほど歩いて一軒の酒屋さんにたどり着く。

 

店主の娘さんからの依頼で、お店と夫婦の写真を撮る。

 

お店はただの田舎の酒屋さんではなかった。中をぐるりと見回せば、酒好きがこだわった品揃えであるのは容易にわかる。

 

おまけに商品札の筆文字の流麗さよ。「父が書くんです」と聞いて感心しない人はおるまい。

 

赤ちゃんの命名書など頼まれて書くこともあるらしい。彼が独学で身につけたというから、努力家なのだろう。

 

 


代々続いた酒屋ではなく、彼が一代で立ち上げた店である。その店をもうすぐ閉めるのだという。

 

そこはまさに彼の人生そのものであったろう。酒好きの僕としては素直に尊敬する。

 

  

 

加東市は山田錦の生産が盛んなのだそうだ。

 

兵庫の酒といえば灘だが、米どころ加東市東条の地酒もおいしいという。

 

これは買って帰らにゃいけんじゃろうと選んだら、もう一本おまけしてくれた。ありがとうございます。

 

帰って飲んでみたら、しっかりと立ち上がる味わいの旨い酒であった。